髪の乾燥の原因

髪ケアは、肌ケアと同じくらい重要なケアです。ただ、普段から髪ケアを行っているのに乾燥しがちという人も多いのではないでしょうか?肌タイプの一つ、乾燥肌のように乾燥しやすい髪質の人も少なくありません。しかし、髪が乾燥してしまう原因は、ストレス過多や栄養不足、寝不足、体調不良や老化と様々なものがあります。

また、冬も特に乾燥しやすい季節ですし髪にダメージもかかりやすくなります。パーマやカラーリングのしすぎで髪にダメージがかかると乾燥しやすくなります。縮毛矯正も結構髪や頭皮に負担がかかるので、よく縮毛矯正やパーマ、カラーリングをしているという人は、これが原因ともいえます。

また、髪が濡れたまま眠ってしまうと髪が擦れてダメージになってしまうので注意が必要です。しっかりと髪を乾かさずに眠ってしまうと、髪が擦れてキューティクルが剥がれてしまい、乾燥したりダメージヘアの原因になります。濡れた髪は髪同士の摩擦にも弱いので、切れ毛や枝毛が出来たりダメージヘアの原因になるので注意が必要です。市販のシャンプーやサロン系のシャンプーを使うと、洗浄力が強すぎて必要以上に皮脂を洗い流してしまうようになり乾燥の原因になりますよ。