髪の乾燥のダメージ

秋や冬といった乾燥しやすい季節は、それに応じた髪の乾燥対策が大事です。髪が乾燥してダメージを受けると、水分が減るので髪がパサついたり、ゴワついたり枝毛や抜け毛、パサパサの傷んだ髪になってしまいます。

ぱさつく髪の原因は、乾燥が原因というのはよく言われていますが、水分保持力のない傷んだ髪は潤いやツヤがないので髪のボリュームもなくなってしまいます。髪が乾燥してダメージを受けるとダメージヘアになりますが、軽度のものから重度のものまで幅広いです。

強度の乾燥毛や強度の損傷毛など髪のダメージは様々です。また、ダメージケアシャンプーも髪のダメージに合わせて選ぶことが大事です。髪の乾燥対策には様々なものがありますが、オフィスのエアコンをガンガンに効かせない、静電気対策をする、体調管理をしっかりとして髪の栄養を摂取する、毎日のヘアケアをしっかりとするなど乾燥対策はたくさんあります。

肌も冬になると乾燥しやすくなるので、肌ケアと同時に髪ケアも行うことが大事です。髪はゴムなどできつく縛ると、髪の血行が悪くなり髪が傷んだりぱさつく原因になると言われています。脂っこいものを食べたり、栄養バランス、食事リズムが乱れていても髪が乾燥しやすくなるので注意が必要です。